工場長の日記

工場長(@KJCH22_YP)が遊戯王について書きます。多分

DOCS感想

新弾ディメンジョンオブカオス(DOCS)の全カードが判明しました。

気になったカードやテーマについて少し書いていきます。

 

 

グレイドル

アリゲーターコブラ、イーグルはそれぞれ戦闘および魔法・罠・モンスター効果で破壊され墓地へ送られた場合に相手モンスターを強奪する効果を持ち、装備状態で場を離れるとその対象を破壊する効果を持ちます。適当に立たせておくだけでモンスター展開と戦闘に対する牽制をすることができます。

レベル5チューナーのスライムはグレイドル2体を破壊して手札・墓地からSS、その後墓地からグレイドルを蘇生できます。破壊が2枚と多目なのが少しネックですがドラゴンのシンクロを狙う場合には必須のカードとなります。

一旦装備状態にしてしまうと非常に厄介です。しかし、戦闘以外の破壊には種類による縛りがあるため落ち着いて処理をすれば大した問題にはならない気もします。環境を見渡せば立ちはだかるのはやはりダクロ。またライトニング、深淵といったモンスターに対しても非常に弱いです。

ドラゴンを出さなければテーマ内で後ろをはがせず、踏みに行くことも難しいため思ったよりは強くないのでは?といった印象です。

 

マジェスペクター

サーチ対象となる専用魔法・罠は相手のモンスターを破壊・除外・デッキバウンスするものであり、テーマ内で相手の魔法・罠を処理するカードはありません。

しかし、共通効果として「相手の効果の対象にならず、相手効果で破壊されない」というものがあるため強脱、激流、ブレスルなど後出しの罠に対してはかなりの優位性があります。

スケールは2or5で統一されており下級のレベルは3or4です。したがって戦闘破壊できたとしても次ターンにペンデュラムで再展開、サーチされた魔法・罠で前を処理というように返し性能の高いテーマであると思います。

注目されたユニコーンですがレベル6であるため、前述したスケールの都合上いきなりペンデュラムで出すことはできません。ペンデュラムでいきなり出せたらぶっ壊れですが・・・。準備が整ってからはユニコーンに召喚権を割くことになりそうです。

耐性と返し性能の高いこのテーマですが、環境を目指すとなるとやはりダクロが立ちはだかります。プトレマイオスの流行から来るサイドの皆既、闇護の採用率の高さも逆風です。ダクロの処理とサイド後のメタに対するメタを考えることが重要かと思います。

 

RR

今回の新規はレベル、ランクが3を主体としてデザインされています。デビルイーグルは強力です。しかし、既存の優秀なRRは皆レベルとランクが4であり共存は難しそうです。炎星のように4軸、3軸と別れることになりそうです。

また、ランク3の性能が4よりも乏しいことから3軸で組んだとしてもデッキパワーは4には遠く及ばないでしょう。アニメ発のテーマでありながらトリビュート、インペイル、ミミクリーと4軸の方の核となるモンスターはいずれもOCGオリジナルなため、今後のアニメ展開だけでなくOCG発の強化に期待しましょう。

 

イグナイト・リロード

手札のペンデュラムを任意の枚数戻し、戻した枚数+1枚ドローする速攻魔法です。打ち出の小槌のP限定速攻版みたいなものです。

リロード小槌と異なり手札が減らないため強力なカードだと思っています。発動ターンはカード効果でドロー出来なくなりますが、サーチは問題なくできるので、さして問題はないような気がします。

イグナイトの名を冠していますがイグナイト縛りはありません。サーチの豊富な魔術師クリフォートには採用されないかもしれませんが、他のペンデュラムなら十分に使えるカードだと思っています。

 

業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

ミラフォ+破壊輪です。3枚集めましょう。

ジャグラーやこちらのライフによる裏目というのが挙げられますが、現状採用されているミラフォを全てこっちと入れ替えてしまっていいのでは?と思ってます。また竜星がタイミング逃してしまうのか・・・

 

緊急儀式術

相手ターンに墓地の儀式を除外して、それと同じ効果で儀式召喚ができるカードです。相手ターンにトリシュやグングが出せます。対ネクロスはこのカードを念頭に入れたプレイを心がけることになりそうです。

 

フレシアの蟲惑魔

縛りのないランク4エクシーズです。後々何故縛りなしにしたんだ!と嘆かれそうです。

誘発即時効果としてデッキから落とし穴・ホールを落としてそれと同じ効果を得るというものを持ちます。

モンスターの召喚に対して奈落や煉獄、効果発動に対して蠱惑をコピーといった形で使われることになるでしょう。聖槍やお触れ、トラスタなどもすり抜けていきます。

ステータスも守備2500と高いです。確実に確保しておきたい一枚であり、今後もしプトレが消えてもこちらを意識した構築プレイを心がけなければならない一枚になるのではないかと思っています。