KJCの日記

文字数制限のないTwitterみたいな投稿をします。内容は遊戯王かデュエマの話

vsゼロルピア時の3ターン目

まずは状況の説明と、実際の結果から

 

先攻は相手

こちらはサイバーエクス、オニカマスと置いていき後攻2ターン目オニカマス召喚

相手はノロン効果を使ってジョー星は張られずターンが返ってきた3ターン目がターニングポイント

相手の公開情報にライヤとウォダラ該が見えており十中八九ジョー星ゼロルピアなことが分かっている。

ここでシードランを引き込んで、手札が

閃、ダイナボルト、バルチュリス、シードラ

となった

龍装チュリスやカダブランプーがなかったため3キルはできない この場面で自分がとったのはダイナボルトチャージでシードラン召喚、オニカマスアタック

その後は返しにジョー星張られて、シードラン、オニカマス、バルチュリスで前のターンと合わせて累計4枚の盾を割るがループされてあえなく敗北という結果であった

 

 

この時の考えとして、

・閃をマナチャージ

ジョー星張られると死に札になる閃をチャージしてシードランを出し、次ターンにダイナボルトとバルチュリス駆使して4キル(カマスカマスシードラン、ダイナボルト×2、バルチュリスで6打点)

・ダイナボルトをマナチャージ

ジョー星張られなかった場合にバルチュリスと閃を使って4キル(カマスカマスシードラン、閃+閃の当たりカード)するためダイナボルトをチャージしてシードラ

の2択に絞った

 

ジョー星が張られてしまうと閃は一切役に立たなくなるため走れない現状普通に考えたら、ダイナボルト使うムーブでも4キルできるので閃をチャージ

なのだが、その場合はジョー星を張ってこずにトップで閃以外の多色を引いてしまうと4キルできなくなる裏目があり、ジョー星張られないキルが狙える絶好のチャンスな筈なのにキルできないという事態が発生してしまう

ジョー星が貼られることを前提に動くと裏目を踏んだ時に4キルできなくなるので、ここはジョー星を貼られない前提で動くこととしてダイナボルトチャージに至った

 

これを改めて振り返る

 

case1 ダイナボルトをチャージの返しにジョー星なし→ほぼ勝ち

引いたのが剣以外だったらカマスシードランからのバルチュリスで閃

外れたとしても盾0まで押し込んだ状態で相手は5マナ このマナではジョー星とゼロルピアを同時に出すことができず十分圧力をかけられているため、そのまま勝利できていただろう

ちなみに剣ならマナからサイバーエクスだして4キル

 

case2 閃チャージの返しにジョー星なしで単色を引く→勝ち

対戦中に思い付いていたプランの実行で4キル成立

 

case3 閃チャージの返しにジョー星なしで閃、剣以外の多色を引く→ほぼ勝ち

バルチュリスチャージでダイナボルト召喚

カマスカマスシードラン、ダイナボルト×2で盾0まで行く

結末としてはcase1と同じでほぼ勝ちの状態

 

case4 閃チャージの返しにジョー星なしで閃、剣を引く→ほぼ勝ち

ダイナボルトチャージ、あとはcase1と同様

 

case5 ダイナボルトチャージの返しにジョー星あり→勝敗不明

実際の結末通り 4枚の盾とトップドロー2回があった場合は流石にゼロルピアが加わり、潤沢な手札と残りの2マナからループが成立して敗北

 

case6 閃チャージの返しにジョー星あり→勝ち

トップのカードをマナに置いて、当初に考えていた方法で6打点揃うため4キルが成立

 

結論

正解は閃チャージ

相手の行動に依存せず、勝ちor相手が返せない(99.9%勝ち)ところまで行ける

これだけの分岐が想定されるのに、勝ちにつながらない唯一の選択肢を選んでおりプレイが完全に間違っていたことが判明した 

これ位のちゃんとした思考が対戦中のその場でできるようになりたいね