KJCの日記

文字数制限のないTwitterみたいな投稿をします。内容は遊戯王かデュエマの話

メタクリーチャー強さ議論

オリジナルの話

 

なんか見返したら、たいぶ滅茶苦茶なこと書かれてたので修正 効果を勘違いしすぎ

 

S テスタロッサ

A デスマッチ ミクセル とこしえ シャッフ 旅丸

B オニカマス 可憐につき

C こたつむり ビムナム プーンギ 輝羅

番外 単騎マグナム オーリリア ガルラガンザーク

 

  • Sランク

テスタロッサ

文句なしの最強 赤が入るデッキならとりあえず4枚突っ込んでいいレベル

出すことすら許さない置換効果であり、バトルで倒すためにはパワー4000以上が必要でヴェルデやモエルモヒッチで有利交換することすら許さない

どうでもいいけどスターってついてる割にはレクスターズじゃない 仮にレクスターズだったらシンカパワー持つことになるわけで今よりもっとやばいことになってた

 

  • Aランク

デスマッチ

f:id:KJCH22:20210722141610j:plain

ギャグみたいな画像を添えるが事実

すぐ上のテスタロッサでパワーについて触れたがこいつは文字通り桁違いのパワーを持つためメッチャ映えタタキ、Disノメノン、モモスターモンキッドの全てを無力化しダークネスの-4000×2ですら処理することができない

反応対象が"コストを支払わずに出すこと"であるため、ジョー星ゼロルピアやドルスザクのような"召喚"に対してもメタとして機能する

場に出すこと自体は許す上に、メタ方法がバトルであることが弱点 cipで場から離れさせられて一切の仕事ができないこともまあまあある

 

ミクセル

再利用が難しいデッキボトムに送りつける

それだけでも他の踏み倒しメタより抜き出ているのだが、こいつは唯一のツインパク

呪文面は頭がおかしいの一言に尽きる

また、他のメタクリーチャーと異なり我我我にも有効であることからAランクとした

弱点はマナの枚数参照であること マナ貯められてあっさり無力化されてしまうこともまあまあある

 

とこしえ

オリジナルよりもアドバンスで猛威を振るっている(らしい)存在

テスタロッサ同様、出すことすら許さない置換効果でパワーがきっちり4000ある

また、盾から踏ませることで受け札にもなる 上げた中では唯一の1マナであるため後攻でも間に合ったり、余った1マナを有効活用できたりするのは他ではできない

当たり前であるが、手札からの踏み倒しには対応しない ラッカ鬼羅starには無力だし、5c相手もナウオアネバーからザーディクリカを出されてあっさり処理されてしまうことが結構ある

 

シャッフ

若干毛色の違う存在

各対面、場面で使い分け可能である点が他にはない強み

とこしえはラッカ鬼羅star、デスマッチビートルは我我我といった効き目がほぼない対面が存在するがシャッフならラッカ鬼羅starには5、我我我には1(すでに1マナクリーチャーが出されている場合)といったように一切仕事ができない対面、場面がなかなか存在しない

弱点は4マナであり間に合わないケースがあることと後出しクリーチャーには無力なこと この裁定、というか基本ルールを知った時マジで??????だった

また宣言した数字以外は当然素通りであることや、出したターン以降はアタックしなければ効果を使えないため、色々と裏目が存在するカードである

 

旅丸

デスマッチの範囲ととこしえの処理方法を誇る

ここだけ見たら相当すごいカードなのだがシャッフ同様に速度が気になり、この記事を書き出して最初に下書き保存した段階で存在するカードではあったが眼中になかった

しかしクロニクルに収録される超英雄タイムの範囲外という部分は大きなアドバンテージであり、相対的に評価が上昇 純粋なメタ性能だけ見たら最強クラスなのでこのランクとする

 

  • Bランク

オニカマス

メタクリーチャーのくせにアンタッチャブルという、正直意味の分からない存在

オンリーワンの効果を持ってはいるのだが、意外と抜け道は多いため過信は禁物

また、手札に戻してしまうのも個人的評価が低い理由であり2ターンにかけてcipを許してしまうことがある

 

可憐につき

各種ビートギミックはもちろんのこと、マッハファイターまで封殺するため他のメタクリーチャーの横に添えることで絶大な仕事量を誇る

弱点は色

3色必要なため3ターン目にプレイできない場合もある上に、そもそもこのラッカというカラーリング自体が実は微妙 現時点ではラッカ鬼羅starという明確に強く噛みあうデッキがあるが、そうでない場合はそもそも採用することすらできない

 

  • Cランク

こたつむり

ビートダウンに対する回答であり、割と簡単な条件を満たせば2打点にもなる

クリーチャーの処理はできず生き残らせてしまうことは弱点 あくまで相手の速攻を止めているだけにすぎず、カードを消費させることは一切できない

現時点では打点になるメタクリーチャーということで赤単限定の採用になっている

 

ビムナム

召喚以外の踏み倒しに反応して破壊する、オニカマスの破壊版って表現が分かりやすいかも

性能だけを見るとテスタロッサの下位互換であるが、こいつはレクスターズ、黒単という部分で差別化ができる

ただ今の環境で黒が入る場合、大体緑が入るためデスマッチやとこしえに枠を譲りがちな点が欠点 パワーラインも低いため割と簡単に除去されてしまうし、メタ性能を見ても高いとは言えない

黒単や青黒で強いデッキが生まれればもう一つくらいはランクが上がりそう

 

プーンギ

踏み倒しメタではなく呪文メタであり、後攻でもミラクルやTTTに間に合わせることができる

アドバンスならGR召喚可能なのだがオリジナルでは意味のない効果 また同コストのミクセルに枠を譲りがちで呪文メタ自体が現状そこまで評価が高くない

 

輝羅

その名の通り、手札からしか出せなくするカード

範囲はとこしえと同じだがマナリソースを増やさせないことと自身でプレイヤーにアタック可能なことが優位点

ただ上述のプーンギ同様ミクセルに枠を譲りがちであり、とこしえと同じ抜け道が存在する

 

番外編

単騎連射マグナム

とりあえず触れておく

メタクリーチャーといえばそうなのだが、違うそうじゃないって一枚 呪紋の化身みたいなもんだし、これをランクに入れ始めたらサグラダファミリアとかチューザみたいなのもランクインさせなきゃいけないくなる

 

オーリリア

俺が使ってるだけ 強みは前に書いたので割愛

弱みも割愛 俺しか使ってないということはそういうこと

 

ガルラガンザーク

お前はメタクリーチャーだけどメタクリーチャーじゃない キングアルカディアスみたいなもん

 

 

 

書いてるうちにポクちんちんとかリツイーギョとか洗脳センノーとか抜けてんなって思ったけどめんどくさいので書きません